QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
PR
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
amusement

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by のらんば長崎運営事務局 at

2013年12月12日

鏡子


以銅為鏡,可以正衣冠;以古為鏡,可以知興替;以人為鏡,可以明得失。

我所說的鏡子不是為了紀念賢良、正直的魏征,所述說的意味更不可望唐太宗項背。這面鏡子很平凡,人人擁有NuHart

每天早晨經過苦苦掙扎,終於睜開重逾千鈞的眼瞼,一手持杯子,一手握牙刷,待洗漱完畢,抬起略微清醒的雙眼,正對著鏡子望了幾眼。

鏡中的自己,虛幻縹緲,可望不可及香港海外僱傭中心


鏡中的自己:有人神采奕奕,有人黯然神傷;有人激情飽滿,有人興致索然;有人表情自然,有人神態虛偽。

鏡中的自己,是昂是餒,或真或偽,也許這樣的自己會持續一整天。

這是家裏的玻璃鏡子。

出門在外,他人成為鏡子,時刻映照出自己的影像。通過他們形形色色的表情神態,你我會發覺這樣的鏡子成像與玻璃鏡子大相徑庭,內容更是豐富異常。

虛偽,似乎人人都唾棄,可是人人都呈現,或被逼無奈,或自然流露康泰

真實,它只存在獨處時。原諒那些善意的虛偽,淡視那些刻意的造作。

每天早晨,洗漱完畢,對著鏡子,自我微笑。縱算鏡中的自己是強顏歡笑,你我也要堅守內心的真實,堅持人生的理想,堅定心靈的渴望。

用玻璃為鏡,能整理衣發;用過去為鏡,能悟思悔恨;用他人為鏡,能決定人生NuHart



  


Posted by amusement at 11:27Comments(0)生活

2013年01月29日

如果我是富豪


我不會到鄉間為自己興建一座城市,在窮鄉僻壤築起杜伊勒利宮。在一道林木蔥蘢、景色優美的山坡上我將擁有一間質樸的小屋,一間有著綠色擋風窗的小白屋。雖然屋頂鋪上茅草在任何季節都是最愜意的,可是我更喜歡瓦片(而不是陰暗的青石片),因為瓦片比茅草幹淨,色調更加鮮明,因為我家鄉的房子都是這樣的,這能夠幫助我憶起童年時代的幸福時光。我沒有庭院,但有一個飼養家禽的小院子;我沒有馬廄,但有一個牛欄,裏面飼養著奶牛,供給我喜愛的牛乳;我沒有花圃,但有一畦菜地;我沒有寬大的Relocation Company花園,但有一片如我下面所描繪的果園。樹上的果子不必點數也不必采擷,供路人享用;我不會把果樹貼牆種在房屋周圍,使路人碰也不敢碰樹上華美的果實。然而,這小小的揮霍代價輕微,因為我幽靜的房屋坐落在偏遠的外省,那兒金錢是不多的,但食物豐富,是個既富饒又窮困的地方。

那兒,我聚集一群人數不多但經過挑選的友人。男的喜歡尋歡作樂,而且個個是行家;女的樂於走出閨閣,參加野外遊戲,懂得垂釣、捕鳥、翻曬草料、收摘葡萄,而不是只會刺繡、玩紙牌。那兒,都市的風氣蕩然無存,我們都變成山野的村民,恣意歡娛,每晚都覺得翌日的活動太多,無法挑選。戶外的鍛煉和勞作刺激我們的胃口,使我們食欲大增。每餐飯都是盛宴,食物的豐富比饌肴的精美更得人歡心。愉快的情緒、田野的勞動、嬉笑的遊戲是世上最佳的廚師,而精美的調料對於日出而作的勞動者簡直是可笑的玩意。這樣的筵席不講究禮儀也不講究排場:到處都是餐廳——花園、小船;樹陰下,有時筵席設在遠離家屋的地方,在淙淙的泉水邊,在如茵的草地上,在榿樹和榛樹之下;愉快的客人排成長長的行列,一邊唱著歌,一邊端出豐盛的食物;草地桌椅、泉水環石當放酒菜的臺子,飯後的水果就掛在枝頭。上菜不分先後,只要胃口好,何必講究客套;人人都喜歡親自動手,不必假助他人。在這誠摯而親密的氣氛中,人們互相逗趣,互相戲謔,但又不涉鄙俚,沒有虛情假意,沒有約束,這更有利於溝通情感。完全不需要討厭的僕人,他們偷聽我們談話,低聲評論我們的舉止,用貪婪的目光數我們吃了多少塊肉,有時遲遲不上酒,而且宴會太長時他們還嘮嘮叨叨。為了成為自己的主人,我們將是自己的僕從,每人都被大家服侍;我們任憑時間流逝;用餐是休息,一直吃到太陽落山也不在乎。如果有勞作歸來的農夫荷鋤從我們身邊走過,我要對他講幾句親切的Ocean Transportation話使他高興;我要邀請他喝幾口佳釀使他能夠比較愉快地承受苦難;而我自己因為內心曾經感受些許的激動而喜悅,而且暗中對自己說:“我還是人。”

每逢鄉民的節日,我同我的朋友率先到場;每逢鄰裏舉行婚禮,我總是被邀的客人,因為大家知道我喜歡湊趣。我給這些善良的人們帶去幾件同他們自己一樣樸素的禮物,為喜慶增添幾許歡愉;作為交換,我將得到無法估價的報償,一種和我同樣的人極少得到的報償:推心置腹和真正的快樂。我在他們的長餐桌邊就座,高高興興地喝喜酒;我隨聲附和,同大家一道唱一首古老的民歌;我在他們的穀倉裏跳舞,心情比參加巴黎歌劇院的Claire Hsu舞會更加歡暢!  


Posted by amusement at 16:30Comments(0)生活

2012年12月11日

遠くの雪


《1》

あれ1年、私はちょうど十歳、村办の小学校の三年生。この年齢は面白いの葡萄酒代名詞。

毎日定刻に学校へ行って、先生の話を聞いて、時間の授業を手伝って家に帰って、家族をものにして、大人達は称賛の良い子だった。その時の子供で、大半はいたずらっ子は、ある程度の品格を、あまりにも多くの過剰な精力があまりにも多くの好奇心。

授業の時、先生にかもしれない誰が一つの奇怪な問題を引き起こし、ひとしきりがどっと笑う。1番はアイデアの争い。先生だけさせてもばつが悪くて、少しイライラする、いくつかの換膚機械の首を振る。

これは、突然ある人は低くて叫ぶ:雪が降りました。小さい目に輝き、窓やドア。あそこに人に聞く:先生、どうして日に雪が降りますか?へやの笑い声。

はい、どうして日に雪が降る?何の〓は白いですか?赤緑は見えないで、これまで持って色?答えは簡単。しかし、提出疑問の間に、子供の気持ちが含まれていて、また何人は読む。

そのは古風で質樸な年代、同じサンセットサンライズ、同じ山紫水明で、草木牛や羊に小さな山村、思考にとどまって空のように静かに淡い雲がゆっくりと移動するには。

それは純粋な、透明のように、額縁に象眼して、長い歴史の背景。誰にも変わらない、変えられない、たとえ少しの装飾もとどまる老人のひらめきで瀋思黙考。

しかし、ただ無邪気な子供が、知らぬ間に、あの無知な情熱は、特別の勇敢さ。

彼らの総会には目を見張るものの問題は、簡単なあるいは復雑で、天文の地理(学)の、人生の、甚だしきに至っては政治にかかわるの。例えば、何は帝国主義、なんと呼ばない老八9番目の鼻つまみ者。

かも知れない、これは人生の成長過程の一種の本能の反応を示しているが、活力がにじみ出て活力を、ないような思惟の拡張。

『2』

雪が降って、私を教えて移り変わる季節は初めて美しい展示。

すべての辞書を見つけることができる喜びの解釈が、人はその時の亀裂は、子供の心の中の考え。子どもたちにとって、雪は、意味は冬の寒さを深くなくて、更に行路のリスク。彼らの単純の目には、きっと別の喜び。

雪が降っているから、新手卡てたくさん新しい遊び内容。

雪の荒れ狂う痛快で、雪の中に暴走する無くつわ、雪の虚栄に対抗する。それらはすべて記憶の眉に生息する。同じ日、熟知して親切ではあるが、別の誘惑。

雪が降っているから、暗示て春節の味が濃く。

江南の気候に蝶、緑の草、さまざまな花。冬はいつも遅いで、雪はとても遅くやっと咲き、そしてすぐに去った。

雪に、やさしい雰囲気に漂うような雪片、特別な味、溢れるよりのんびりとした空気で、しみごとに1つの静かな隅。

最初の雪、好きな道を走って、いっしょにかばんをする、ひらひらとダンスの楽しみ。そして無意識の叫ぶ著、鳴き声暗黙のすべての童心にあこがれた言葉、正月、裸爆竹、お年玉……

雪が降っているから、足を意味しているの成長にまたがってまた階段。幼稚な心は少し多い猟奇心の幻想。

おそらく、この年齢の子供は、新たな成長サイクルに入って、彼らが好き勝手に想像をまき、多くの小さな願い。たとえは、真っ白な雪、彼らの目で、心も満開の憧れの花、美しい花。

日々、夜眠るだけ静かな時、窓の外。少年の思いずっとたくもないではないかと、静、頭いっぱい雪が飛んで漂っの風景。あるいは、雪合戦をする時の混乱の場面で、滑って雪坡の様々なスリル。

寝返り、ついに悟熱い鼓動の音が、待つ空亮起、思いきり釈放、あれらの言い表せない未熟な叫び声、やは輪転季節桎梏のすべての愚か。

『3』

初雪零れ、細々と少しは子供の渇望のように急ぐ。迂回凹凸の尾根、右顧左眄、ゆっくりと足を伸ばして。天気が多くなった重厚な迷い。

もしかすると、今年の初めに近づいて、よく知らない感じが、山村の人や物不足の熱意、客を迎える。それとも何気なく、露出した少女のはにかんで、多くいくらかの考え、どこかの枝は、誰の家の煙令彼女心。

ためらう間、ひらひら落ちる雪。松の生え際や隠れたり、屋根の靑い瓦塊。大胆な何枚もあるが、接着行人の体、密着頬は、恋の切実さを楽しむの皮膚、諦めたくないまで、人の門に入る。

たぶん、雪も知って世の中の人事、これまでに事欠かない感情が緻密な気持ちで、シャープの感知。瑞稀はまばら疎し、ゆらりゆらりと漂う、決して下火にあの家窓口、あの道を。道端の草が枯れ、池もヒナ蓮、巢に沿って。それらを届けて新鮮な空気、いくらかの親暱の内緒話。それでも分からないだが、誰が拒絶して、1部の白い空から遥の挨拶。

ついに放課後。小躍りする姿は、ざわざわの鳴き声や、気ぜわしい足音は、すぐに雪が困惑させ、道ばたに身をかわす。少し落ち着いて、発見は私たちがこの群の久しぶりのポケモン、まだぴんぴんしている、遠慮のない手のひらを伸ばして。すると、すぐに興奮に寄って来て。捩れ髪の貼って、顔や首にもぐりこむ、天を仰いでの小さな口の……

子供のシャウト、通行人を引き連れても足を止め、そばで愛嬌笑いながら、やりました雪。

知らず知らずのうちに、雪はますます密になって、ますます好き。最後に、知らないのは人に囲ま雪も、雪に囲まれた人、すべての影を融合させ、白またはカラーでの時空に回転して、長い時間停止。

あの時のあの景その気持ち、あたかも本説明するのが久しぶりに。は一つの独特の風景、一つの純粋な楽しみ。その雪のあの人あの心は、すでにオチ世界、忘れた帰り。

そこの空気を胸に1種が失われた感動してから、思いきりの散り、夕暮れまでの手前。

そんな場面が、常に私の記憶の中で占めている方が永遠の純粋な空間。

『四』

黄昏が生まれた夜、静かに沒した村。

雪が降るの窓の外にはそれを続ける執着、転倒て積み重ねたように真っ白で埋め無形の暗黒。さらさらの地面に声を漏らし、隠しの気持ち、よめない、私は眠れない。その声には、雪未の眠の笑顔、それが利己的な恋、明日への渇望して、が私の待つ。

私が思うに、雪は窓口を計るかもしれないが、私の寒さと暖かさを盗み見て、私の一夜相思。

もしかすると、その願いは、触れたい私の呼吸、私を伴って成長の夢。もしかすると、それが私たちの村の夢を守って、永遠に静かな夢。

あの真っ白な夢に掛かって、ぼんやりと家庭の屋根の下、響きが半端な犬の鳴き声でつきまとって夜明けの煙の中に。夜が明けてから、夢は新しい服を着て、晒太陽の下では、輝くような美しい。

翌日、太陽顔出さない。雪はまだ下ただ減速スピード。早起きの人はすでに村前屋後活動の痕跡を殘した。文字列は大小の足跡、這いずる道、石橋、村に登る。音もなく一日の生活を始めた。

一夜あけて、山村を失っている昔のレベル、真っ白な雪は人の視覚の迷い。遠くの裸のいくつかの靑はむしろ雪の世界の飾り。

山村に目が覚めて、忙しくて鳥を、子供たち摇摇摆摆学校に向かう。

山の斜面は安眠田野だけ。それらを抱きしめて真っ白の厚い布団、して暖かい春夢の疑いで特別な甘い。この時、もしも誰に開けて一角に布団を必ず無音の痛罵する。驚いただけではないその夢は、重要なのは風の凛とした夜、それは孤独に震えて、甚だしきに至っては凍死からそっと。

そこで、私はふと発見して、これらの雪、どの一枚も内蔵多くの驚きは、各フロアごとに積み上げて無視された感情。

実は、それらは天の天使は、新鮮な雰囲気から、草木が温かい庇護。それらは熟知している人間の需要を見抜いて、万物の寒さと暖かさ。だから、心静かに訪れる、拭いて頭上この空、情でここの人民を抱きしめて。

雪の胸が熱い、悟は私たちの日を生み出し、この山村の未来。それは細心感じ草の強情で、甚だしきに至っては、畑の間に、静かに自分の癖を楽しんで、それは、ひとり麦の声を聞いていく。私達のこと思い出すことのない。

「五」

村の人に絶えずに出て行って、は続々と帰ってき。足跡はとっくにつなげる片、雪が降る上で敷いて、また一階ですか、じゃあ繊細に白く。見えない誰かが通った跡。

誰だかわからなくて、早く交差点の山を作った大きい雪だるま。頬脂肪、まだ掛けて笑って、ほとんど淌。目が黒いガラスの瓶のかけらを象眼して、黒くて明るくて、特に精神。

びっくりしたのは、雪だるまの右手を握ってハンカチ大の紅花の布。いといと考えた、何の意図がわからない。まるで雪だるまの性別のように、どうせファン。

雪だるまの立ち位置が比較的に見られると、大半の村。村に依存するので傾いた山の地勢の建物、ここから眺めると、本来の白い壁の黒い瓦、段落がはっきりしている光景は今、連綿と続く白い、まるで一枚だけのキャンバスない背景、いかなる模写。

遠くに、誰の家の煙が立ち上る悠然とするいくつかのコーナーでは、ゆっくりと空に登る。靑灰色の煙、雪が背景がひときわ目立つ、風が吹くと、あちこち切れ、ゆっくりと溶け込んでかすむ空。

しかし、人の魂のように、かどうかを煙のように、雲空に漂い漂っなら。

私は、人の魂が天国で永住、総機会が訪れるの真上の空、よく帰って。彼らはすべての山村の子供は創造山村歴史の先輩。ここに彼らの子孫の心願、気にも、私たちの知らない多くの本音。

しかし私たちには聞こえない。時々思い出し彼らにもかかわらず。

そして、彼らは私達の夢に入って、いくらかの大切な話。家で家族の姿を見て回り、変化。見て家族みんな健康で、村も無事、楽しかった様子だが、子供のように。もう一言言っても、私はあなたに聞いて、上しばらく、急いで歩いた。などの目覚めだけ、ひと山の想いは、いくつかの拭いきれない涙を。

歩いたとき、窓から、玄関から歩いても。離れる前にさらに村まで前屋後一週、感じはとても満足。この時に最も恐れが誰の家の犬が、犬を見ることができる彼らの顔を知らない、犬叫び。知っていてどうして夜半静かな村に、突然吠え声が発見した犬。村の老人はそう言う。

炊事の煙が多くの昇って、相互に絡まれてて、天に昇ってました。まるで村の人で、1人の姓の同胞の姉妹、どんな仕事も死に出かけ、昇天し、彼らが一緒に、心が繋がっているので、も兄弟。

外出する人が相次いで帰って。雪だるまを見ても、足を止めて、1番から、近くの肩を叩き、いくつかの言葉を殘して、たくさんの微笑。

雪、そっと止まった。

「6」

太陽はついに尾根に登ったことがありました、まくる笑い、させる人が見れません。

気温も速い回復、心地よい多く。

大人も子どもも鍬をほうき、忙しくて清掃道路の雪。雪を踏んされて歩行者が固く、凍るとても硬い氷にいじっててちょっとキツイ。彼らの髪も蒸して熱気。

しかし、私は何もしたくない。一人で太陽を崩す。1匹の足の上の雪をそっとに、二匹の手くだらないインデント相手の袖。ただ鼻孔あかない。著、忙しくて吐く息を吸い、乳白色の気配が早く来て行くより速く。ただ横になっているのを見て雪が、殘念ながらそれは知らない私が何かをしたい。

私の考えでは、何をやって行く雪、それらはまたそこに寝るか、それらを割ったの夢を恐れず、なくしました。それらはここに来て、少なくとも村の客は、村の一部。誰でもないと思って、彼らはわからない。

雪に話すことができない、運を天に任せるしかない、誰か呼んで横になって、道中のだろう。私の気持ち、そっと落胆。誰も気づかない。

どうせ家の玄関の雪は、絶対掃除掃除、誰と誰が急に。しかし、また恐れない理由に止め、他人。本当にとまた言いならと言って、誰の手紙?でも私が馬鹿になった。まるで自分の片思い、一途にの愛、家族が好きではないが、理解できない、人を頼んで立ち去って、別れてくれと言って、あなたが悲しい。

一滴の水が落ちる後に首を、私は突然驚いて目を覚まし。私は知っていて、屋根の雪は溶け始めて、1種の無名のを恐れて、私の目を地下から引っ張る天。

雪解けの水と落ちて。私から見ると、雪が始まったその別れの道。ひとつひとつのきらきら光る水玉その悲しい涙、壊しに跳ねに小さな無力。

私の心が痛む。

かも知れない、まもなく、真っ白な雪は私を離れ家、私たちの村では、私を離れる視線。は分からないがどこに着いて、誰を認識それら、情熱の受け入れそれら。

おそらく、それに空気のうちに私の不注意で、握る炊煙翻って帰りました。これも来年それはまた帰って来て。

おそらく、それが地下にしみ込んで、土の奥に入って、すべての根の手足、それらに潤して、それらの体に入って、それらの鼓動に頼って、それらの血液、そして緑花を育てて、日光を浴びている、私はそれの笑顔が見える。は、必ずしも白いが、も、美しい赤、緑、黄色……

だから、正確に言えば、雪は白いとは限らない、それは多彩で、それは私たちの世界は美しい。当時の先生は学生の質問に答える。

そう思うと、たくさんの気持ちが落ち着く。雪が溶けて殘るにもかかわらず、相変わらず私たちのそば。それはまた待ち設ける学校の入り口で、子供の帰り道で、夜の暖かな夢。それは朗々として読書の声を耳に聞こえて、私達の成長の足音も真夜中の犬の声。

ふと、雪だるま手の紅花の布は、おそらく、用いて払う人の全身の疲れきって、あなたはそれを見ての温情と期待。あなたに知っていて、それはずっとそこで待ってても、あなたは遠走天涯に向かい、天国で、そのブロック紅花の布、まるで団火、ガイドライン君と歩いた道、あなたに暖かい思い。

そして、私は意識的に来て雪だるまのそばで、気楽な笑顔で私のすべての疑惑を下ろす。私は知っていて、ある日、雪だるまも消えてしまうけれど、決して遠く離れて、それにまだ住んでいる村に、私たちは一緒に生活する。

それが私たちを見て育った未来を見て、山村のロング・ショットを見て、村のすべての子供にも、素敵な人生を送る。  


Posted by amusement at 15:40Comments(0)生活