QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
PR
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
amusement

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by のらんば長崎運営事務局 at

2014年09月04日

鄉村童年



雙休逢雪天,出行不便,清閒無聊,翻遍書架所有,作者的一縷鄉愁,讓我憶起我的鄉村童年……

童年時代,和爺爺奶奶在一起的日子是寧靜悠閒的驗窗,時光的腳步緩慢的很。院子裏的土地面被我們跺蹬地溜滑,灶膛裏的火光把牆壁照的錚亮。屋簷下,幾塊青磚被簷水沖的凸凹不平。凹陷的泥土裏,長出了幾棵瘦瘦的西瓜秧……

門前,那棵高高的老榆樹,被爺爺修理的只剩細細的枝條了,春天到來,枝條上生出肥厚的榆錢兒,在暖暖的春風中做著各種顯擺的姿勢。站在窄窄的胡同裏,可以看到村後高高的堤壩,還有壩頂上風中搖曳的柳枝……

院子裏的紅棗樹早就盼望夏天的來臨,棗兒在夏雨的城野醫生洗滌中露出笑臉,半掩在葉子中間,羞澀的很!

秋風中,角落裏一叢高粱被吹得彎曲如弓,綠色的莖幹裏飽含著甘甜的汁水。村後溝壑裏的蘆葦抽出白色的穗,潔白的蘆花,輕盈飄逸。田間一片金黃,鼓鼓的豆莢、憨憨的老玉米、低垂的棗枝……無處不透豐收的喜悅。

村西有一塊紅薯地,被撤下的紅薯藤扔在地邊。秋後,閑在無事的叔伯們,總在收過的紅薯地裏翻來翻去,搜尋意外的收穫……

村中那幾間唯一的磚瓦房,是村裏的鼻敏感小學堂,立冬剛過,那位年過半百的老花鏡先生變魔術似的,一夜間,在學堂的中央生起了爐火。溫暖的屋子裏,一群不懂事的孩子,似懂非懂的聽先生講述“中華人民共和國……”

哦,我的鄉村童年!  


Posted by amusement at 11:17Comments(0)影片