QRコード
QRCODE
PR
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
amusement

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by のらんば長崎運営事務局 at

2014年04月16日

調裏的流年

亂花漸欲迷人眼,染盡一地孤寂,飄搖到炫藍的青春盡頭,時光歲月刻畫下一筆星光,又悵然若失,徒留下一聲歎息。猶如夜裏殘燈,經不起風雨的飄搖,失去溫暖的傳遞,緊存的餘溫也lg optimus 手機保護套會消亡。寒風輾轉在青春裏如影相隨,心靈的月臺,以孤獨的背影行走迷茫的世界,看著那落葉盤旋,銀霜調葉黃。

此季,沒有春暖花開,沒有鶯歌燕舞,唯有滄桑的雨季、流水的黯手腳冰冷然,再加上些許迷惘。沉淪沖蕩曾經的嚮往,化作淩亂的浮煙,拂去了蒼寂。妄想青春的畫筆,可以繪出最美的天空,驀然回首,又看到世界的蒼白。涼風徐徐,夾雜萬千銀絲的哀愁,散落人間四月天,滲進單薄的軀體,痿謝的心迷茫不知目的,時常還掙扎一下,驚不起任何波瀾。就這樣,藏在骨子裏的稚氣、匿在軀殼裏的憂傷擾亂了心房,青春在空中劃過的弧線,只剩下夜幕籠罩的天際星空,只剩下眼花繚亂、支離破碎的千頭萬緒。華年籠植髮失敗著薄霧,染上孤單,透著悵然,此情無計可消愁。

荒草的心誠,終宵漫長。尋尋覓覓,冷冷清清,掛在臉上的那份無奈,印在憔悴的殘月上,時隆鼻而被輕描淡寫的烏雲遮蔽。灰溜溜的影麻醉了狼狽,四處飄蕩。紛飛夜雨,花瓣細語呢喃,零落成泥還措手不及的一聲歎息,樹蔭下歲月的廢墟,荒亂一地竟帶有一絲傷痛。  


Posted by amusement at 17:51Comments(0)瑪花纖體